2011年12月25日日曜日

Rosa Passos & Ron Carter / Entre Amigos



コーヒータイムにリスニング中。

かなり現代的なハーモニーを感じる演奏なので
お洒落を通り越して硬派な美しさ。

リーダーの二人は当然ながら、
ギターのルーラが素敵過ぎます。

2011年12月23日金曜日

Beto Caletti - Samurai




(Vo,Gt) Beto Caletti

Beto Caletti / Live in Japan


今朝、CDが届きました!
初来日の演奏が収録されているようです。

今年の秋のツアーを思い出しながら聞いています。
鎌倉のカフェがあの数時間とっても素敵な空間になっていたな〜。


2011年12月13日火曜日

【動画】with MIdori 2011/12/4

12月4日に綾瀬カフェ・ソーレで行われた

ボサノバデュオ動画です。

前回はお昼のライブでしたが、今回は夜。
二回目という事でリラックスした演奏でしたよ〜。
気持ち良すぎて弾きながら私も寝そうでした(笑)

Vo. Midori  Gt.露木達也


Eclipse



ダイジェスト版



2011年11月16日水曜日

Teus olhos

普段、ロックっぽいブラジル音楽は
そんなに聞かないんですが

Ivete SangaloとMarcelo Cameloの「Teus olhos」
ゆるい雰囲気でお気に入り!

プロモもお洒落で良いね。




2011年11月14日月曜日

Michel Camilo & Tomatito


Michel Camilo & Tomatito @ブルーノート東京公演を見てきました。

ドミニカ共和国出身のピアニスト ミシェル・カミロと
フラメンコギタリスト トマティート。

デュオという編成ながら内向きにだけ対話することが無く
エネルギーが外に向かっていたのでとても気分爽快。

注目されがちな超絶技巧はもちろんのこと、
音楽に対するパッションが素晴らしかった。

いたずら坊主の様に(失礼)グイグイ引っ張るカミロと
温厚そうな性格でゆったり構えるトマティート、
なんだか愛らしい二人だったなぁ。



2011年11月10日木曜日

【動画】「ボサノヴァで涼む、日本の夏」

今年の夏に保谷こもれびホールで
行われたコンサートの動画です。

最近、急に寒くなりましたが、
暑かった夏を思い出します。

メンバーは
阿部浩二さん、渡辺具義さんとトリオで。

お二人とも本当に素晴らしいギタリスト!

楽しい演奏だったな〜。




Estate


Doralice


O Barquinho


Homenagem Ao Malandro


Minha Saudade

2011年11月2日水曜日

1度トップのメジャーコード

1度(ルート)トップのメジャーセブンスとメジャーシックスコードです。
上のコードは2、3弦がクラスターになります。

2011年10月31日月曜日

基礎練

メカニカルな基礎練習です。左手はクラシックフォーム(親指ネック裏)です。
指弾きの場合はi,m(人,中)を交互に弾きましょう。

2011年10月27日木曜日

ショーロの伴奏(右手)

ショーロで使われる、右手のリズムパターンです。
上はオーソドックスなパンデイロ的なアプローチです。
下は3つ目の音を省いたパターン。

2011年10月18日火曜日

アルペジオ練習用 コード進行

奏法的な意味合いで無いアルペジオつまり、コードトーンを反射的に出す練習用のチェンジです。
Ex1がメージャーセブンス、Ex2がマイナーセブンスの練習です。
コード毎になるべく異なるポジションを選ぶと良い練習になります。

2011年10月14日金曜日

アルカリ9v電池

ギターのプリアンプ等に使っている
Duracell社のアルカリ電池Procellです。

気に入ってからはずっと使っています。

むか〜し、マンガン使っていてリペアの得意な友人に怒られたっけ(笑)


2011年10月7日金曜日

セブンスコード

セブンスコードの1、3、♭7で構成されたフォームです。
このコードは四つ切りなどでも使用されます。
また、このコードに1、2弦でテンションノートを足すイメージがあると様々なコードを作る事ができます。

2011年9月28日水曜日

ミクソリディアンスケール

Mixolydian(ミクソリディアン)は7thコードに対応するスケールです。
図解しましたが、コードトーンとテンションノート又はアヴォイドノートを全て並べるとコードに対応したスケールが出来上がります。
各度数の響きを覚えると良いメロディが浮かび易くなるでしょう。

16Beatカッティングのコード

以前、紹介した16Beatカッティングに使用するE7(9)のコードフォームです。
ルートは省略して問題ありません。
1弦がミュートされてしまわないように薬指のセーハをしっかり押さえます。
小指で1弦9フレットを足すとE7(9,13)になります。
この音を織り交ぜるとよりFunky!

Peterson strobe tuner

精度が高いというピーターソンの
クリップチューナーを買いました。

誤差0.1セント。素晴らしい!


2011年9月27日火曜日

16Beatカッティング

ファンク系の16Beatカッティングの例題です。
コードはE7(9)で最初のスライドは半音下のE♭7(9)からE7(9)へアプローチ。
ブラッシングの際、余計な音が出ないようにしっかりミュートするとリズムがくっきりしてきます。

Dmペンタ 練習フレーズ

6弦ルートのDmペンタトニックスケールの練習フレーズ。
各弦をハンマリングで弾くのも良いでしょう。

2011年9月24日土曜日

8Beatストローク

アコースティックギターの
右手のパターンです。

今回はオルタネイトでのストローク。

慣れてきたら2、4拍目に
アクセントをいれてみましょう。

Corcovadoのコードフォームの一節

F-7とB♭7のトップノート、

E7とA7のトップノートが

同じ音という事に注目して下さい。

ボサノバのバチーダ 2

前回、紹介した基本パターンに
シンコペーションを
プラスしたものです。

ブラジル系の演奏ではシンコペーションが
無い事が不自然なのでこちらの方が
良く出てくるパターンです。

Beto Calettiのピック

先日、鎌倉でベト・カレッティさんの

ライブを見た時にピックを使う場面がありました。

チラッと見ただけなので定かではないですが多分、
Jim Dunlopの2mm。

このピックはぶ厚く、

 音が太く大きいので単音弾き向きです。







 

2011年9月22日木曜日

メロディックマイナーからの派生スケール



メロディックマイナースケール上には

7音すべてに対応したスケールがありますが、

4番目のリディアン♭7と
7番目のオルタードを

使う事が多いので

1番目のメロディックマイナーと
合わせて3つの関係を覚えると良いでしょう。

A7(♭9 13)

A7コードにオルタードテンションの♭9と

ナチュラルテンションの13が
同居しているコードです。

ボサノバやジャズに良く登場します。

スケールはAコンビネーション
ディミニッシュスケールがピッタリハマります。

Waveのコード進行 2

後半Bパートのコード進行です。

構成はAABAなのでこの後に

もう一度Aの進行が出てきます。

Waveのコード進行 1

前半Aパートのコード進行です。

KeyはDメジャー。

2011年9月20日火曜日

ボサノバの右手のリズム

ボサノバのバチーダ(刻み)の
基本パターンです。

上の音符をi,m,aのセットで弾き、
下の音符(ベース)はPで弾きます。

ピックケース

久しぶりに買ってみました。

高校生の時、以来かも。


2011年9月18日日曜日

チューニング

昨日のレッスンではギターを購入した
その足で来た方がいらっしゃいました。

ギターは6弦からE,A,D,G,B,Eに調弦します。
まずはココから。


ブルース進行

ブルースには定型のコード進行があります。

12小節で1コーラス。

ロック、ブルース系のセッションでは必須!

2011年9月17日土曜日

ボサノバのコード

A-7とD7(9)です。2、3弦が同じ音なので

コードチェンジの際に薬指と小指を

離さずに他の指を入れ替える事がポイント!

オープンコード

先程、小学生の生徒さんがコードに初挑戦。

曲は四季の歌。

Am、Dm、E7の3つともいきなり
弾けてしまいました。

子供って凄いです!

マイナーペンタ

ブルースやロックで頻繁に使われている、

マイナーペンタトニックスケールの
基本ポジションです。

上が6弦ルート、下が5弦ルートのポジションです。

2011年9月14日水曜日

9/8 ボサノバライブ動画




先日、綾瀬市 カフェ・ソーレで行われた
ボサノバライブの動画を紹介です。


初共演のヴォーカリストMidoriさんとのデュオです。

ヴォーカリストとしての活動は
まだ始めたばかりということですが、

スペイン語の通訳を仕事とされている
語学のプロであり、南米の文化や政治への
造詣がとても深い方です。

歌詞をしっかりと理解し
静かでありながら、情熱のこもった
素敵な雰囲気で歌を歌うMidoriさん。

今後も共演していく予定ですので
応援宜しくお願い致します!

ラテン的音楽生活(Midoriさんのブログ)
http://midorinterprete.blog.fc2.com/

2011年9月8日木曜日

G-303とトニーニョ・オルタ

Roland GR-300のコントロール用ギターG-303ですが、

 若い頃のトニーニョ・オルタは
メインで使っている時期もあります。


 






2011年9月7日水曜日

チャリティーピック


普段レッスンしている、島村楽器にて購入。

このピックを買うと、被災地の学校に
楽器を送る募金になるということらしいです。



「ティアドロップもあれば良いのに」って
小学生の生徒が言ってました。

さすが。同感です。

ウルテムのピックがあれば尚更良いかも。


2011年8月20日土曜日

ジョージベンソン弦



トマスティック・インフェルト社から
GeorgeBenson(ジョージ・ベンソン)モデルの弦が出ています。


フラットワウンド弦で
.012 .016 .020 .028 .039 .053
というカスタマイズされた特殊なゲージを採用しています。

一般的なダダリオフラット弦は、
.012 .016 .024 .032 .042 .052なので

3,4,5弦が細く、6弦が少し太いという感じですね。

ベンソンファンは要チェック!!








2011年8月19日金曜日

フラットワウンド弦の考察




フルアコースティックギターに主に使用されるジャズ用の弦、
フラットワウンド弦について考察してみたいと思います。



写真はPat Metheny氏の使用で話題になった

D'addario社 ECG24(Jazz Light)です。

この弦は1,2弦は通常のプレーン弦で、3,4,5,6弦の巻き弦が研磨されています。
凹凸が無いつるつるとした表面をしていますね。
























そのためフィンガーノイズがほとんど無く、
摩擦が少なくスムーズに運指が可能です。

サスティーンが短くウォームで甘い音色が特徴です。

また、チョーキングやビブラートがかかり難くなるため、
自然とジャズギター的なアーティキュレーションになるメリットがあります。

そのため、フラットワウンド弦を使用しているギタリストは
チョーキングはあまり使用せず、代わりにスライドを使う傾向にあります。

逆にブライトでレンジの広いクリアな音色を好み、
チョーキングを使ってブルージーに演奏するタイプのジャズギタリストは
この弦を敬遠しラウンドワウンド弦を使用します。

もちろん、この弦はフルアコ専用では無いのでセミアコや
ソリットギターに張る事も可能です。

弦の変更は低予算でサウンドを変えられる手段なので
色々な組み合わせを試してみて下さい。
独自のサウンドが生まれるかもしれませんね!





2011年7月3日日曜日

One Note Samba 動画



先日、荻窪のカフェ『菜の花亭』さんにて

Acousphere奥沢さんの監修のもと

ソロギター動画の撮影を行いました。




演奏はもちろん一発取りで、

ライブとはひと味違った緊張感の中、

楽しみながら演奏させて頂きました。


是非、ご覧下さい!!